☆ 今日は何の日? ☆

☆世界テレビ・デー(World Television Day)

1996(平成8)年12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。

1996(平成8)年のこの日、国連で「第1回世界テレビ・フォーラム」が開催された。

国連加盟各国は、平和・安全・経済・社会開発・文化交流の拡充等の問題に焦点を当てたテレビ番組の世界的な交流を促すことにより、この日を記念するように呼びかけられた。

 

 

 

☆世界ハロー・デー(World Hello Day)

1973年の秋、エジプトとイスラエルが紛争の危機(第四次中東戦争)となったことをきっかけに制定。10人の人にあいさつをすることで、世界の指導者たちに「紛争よりも対話を」とのメッセージを伝えるという日。

 

 

 

☆歌舞伎座開業記念日

1889(明治22)年のこの日、東京・木挽町(現在の東銀座)に歌舞伎座が開場した。

元々木挽町には江戸三座のひとつ・森田座(後の守田座)があったが、1841年の天保の改革の時に浅草に移され、それから半世紀ぶりのことだった。当時の建物は戦災で焼失し、1951(昭和26)年に復興された。

 

 

☆早慶戦の日

1903(明治36)年のこの日、初の早稲田大学対慶應義塾大学の試合「早慶戦」が行われた。

東京・三田で行われた野球の試合で、11対9で慶應が勝利した。

 

 

 

☆インターネット記念日

1969(昭和44)年のこの日、インターネットの元型であるARPAネットの公開実験が、カルフォルニア大学ロサンゼルス校・スタンフォード研究所・カルフォルニア大学サンタバーバラ校・ユタ大学の4か所を結んで開始された。

 

 

 

☆フライドチキンの日

1970(昭和45)年のこの日、名古屋市郊外に日本ケンタッキー・フライド・チキンの第1号店がオープンした。

 

 

 

 

☆かきフライの日

味のちぬやが2011年に制定。

11月は牡蠣がおいしくなる時期で、21は「フ(2)ライ(1)」の語呂合せ。

 

 

 

 

☆任天堂の日

任天堂がコンピュータゲームのハードや大作ソフトの発売日をこの日に当てることが多いことから、ファンからは俗に「任天堂の日」と呼ばれている。

 

 

誕生日:1959年ヒクソン・グレイシー、1967年古賀稔彦、1969年ケン・グリフィー・ジュニア、1980年冨田洋之、1981年池脇千鶴、1992年指原莉乃

 

 

誕生花:蛍袋 Campanula(誠実)、ナイトシェード Nightshade(欺瞞)、花麒麟 Crown of thorn(逆境に耐える)

 

 

 

 

【ちょこっと雑学】

●食パンの食の意味

 

全てのパンが食べるためにある訳ですが、なぜ食パンだけが食の字を付けるのでしょうか?
実は食パンという呼び名がいつどういう経緯で誕生したかについて詳しい事はわかっていません。一説によると主食用の食べ物だという事を強調するためではないかとみられています。
戦前の日本では主食の米に対しサツマイモやジャガイモを代用食と呼んで区別していまた。
やがてパンが広く出回るようになるとパンは代用食ではなく主食として食べる物という意味で名称が主食用パンに変わり最終的に食パンに落ち着いたのではないかという説があります。
他には菓子パンと区別するために食の文字が付いたという説もあります。お菓子としてではなく食事として食べるパンの意味で食パンになったという説です。

 

 

●君が代には2番がある。

 

「君が代」は、明治の中ごろに文部省告示として祝日や式典の時に唄う歌として制定されたそうです。
そのまま日本の国歌のように扱われ、1999年(平成11年)になってから国旗国歌法が制定され、「君が代」は、正式に日本の国歌となったわけです。
この歌詞の元になったのは、明治の初めごろに国歌制定を担当した一人、大山巌(おおやまいわお)が愛唱していた薩摩琵琶「蓬莱山」の中の「君が代は、千代に八千代に・・・」という一節だったそうです。
同じ歌が和歌集の「古今集」などにも「読み人しらず」としてあり、これを歌詞としたのだそうです。
この「君が代」は、短い歌ですが、実は、今日歌われているのは、歌詞の一番の途中までなのだそうで、明治の初めころに作られたときは、一番は、もう少し長く、二番の歌詞もあったそうです。

「君が代」の歌詞

(一番)
『君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまでうごきなく常盤かきはにかぎりもあらじ』

(二番)
『君が代は千尋の底のさざれ石の鵜のゐる磯とあらはるゝまでかぎりなき御世の栄をほぎたてまつる』

「君が代」の作曲は、来日していたイギリス軍楽隊長のフェトン氏で、1870年(明治3年)に初演されたそうですが、日本軍部や軍楽隊長から「威厳に乏しい。」とう意見が出されて、1880年(明治13年)に宮内省楽長の林広守氏が作曲し直したそうで、これが現在の日本の国歌「君が代」だそうです。
始めは、二番まで歌われていたそうですが、1897年(明治30年)頃になって一番しか歌われなくなってしまったそうです。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6886-8682

にて予約受付中!