☆ ぽっこりおなか解消法(^^) ☆

下腹ぽっこりを解消するストレッチ法

もうすぐ夏をむかえますが、夏といえば海!海といえば水着!かわいい水着で彼氏とデート…いいですよねー。でも、どうしても気になってしまうのがお腹のぽっこり。そこで、ぽっこりお腹を改善するストレッチ方法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

☆ぽっこりおなかができあがる原因

 便秘やガスがお腹の中にたまっている

ストレッチとともに食生活を見直す必要があります。

 背中を丸めていると、腹筋が使われにくいので脂肪がつきやすい

猫背や姿勢の悪い人は要注意です。

 胃下垂など腹筋が弱ることで内臓自体が下にきている

腹筋が弱くなると骨盤がゆがみ、弱くなった部分に内臓が落ちてきます。

☆原因を意識してストレッチをやってみよう!

ポッコリお腹や、肌荒れの原因となる便秘を解消するストレッチです。

1.両脚を肩幅に開いて立ったら、両手でウエストあたりをつかみます。鼻から息を吸って、お腹を凹ませます。そのままの状態で体を左右に倒します。

2.左右が終わったら後屈も続いて行います。

※お腹の前屈をする筋肉を鍛える筋トレをするとより効果がありますよ!

ぽっこりお腹の原因の1つ、猫背をなおすストレッチです。

1.後ろ手に組んでお辞儀をするように前に体をおります。

2.その姿勢を三秒間キープします。

3.三回繰り返します。

寝ながらできるくびれストレッチ

出典slism.jp

1.うつ伏せで寝ます。

2.腕を使って上半身を少しずつ起こしていきます。

3.気持ち良いと感じるところで止めて5秒キープします。

4.体を左。右それぞれひねって5秒キープ。

5.ゆっくりと体を戻します。

※腰痛のある人はそり過ぎないように注意しましょう!

お腹を凹ます30秒ストレッチ

出典nanapi.jp

お腹に力を入れて背筋を伸ばします。これだけでぽっこりお腹が解消できるのです!

オフィスワークの女子にもおすすめの簡単ストレッチです♪

ドローイン(ウエストの引締め)運動

出典slism.jp

1.立った状態で姿勢を正します。

2.息を吐きながらお腹を凹ませ、ヒップに力を込めていきます。

3.この状態を15~30秒間維持します。

簡単な運動なので、いつでも、誰にも気付かれずに行えますね^_^

☆ストレッチを行うときの注意点

 体が冷えた状態で行わない

必ずウォームアップの後に!体が冷えた状態で筋肉を引き伸ばすとケガの危険があります。

 ゆったりとした呼吸で行い、息を止めない

息を止めたりすると無駄な力が入ってしまいます。

 反動をつけずに静かに行う

反動やあおりを利用すると、急激に筋肉に負荷がかかるので危険です

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Loyd Timm (金曜日, 03 2月 2017 07:21)


    Very good info. Lucky me I discovered your site by accident (stumbleupon). I've saved it for later!

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6886-8682

にて予約受付中!