☆ 食べないとダメよ!! ☆

えェぇ!?食べてないのに太ってる!意外な原因とは!

食べていないのに体重計に乗ると太っているという経験があったのでまとめました。ダイエット中で痩せなくなって時など「あれ?」と思ったら参考にしてみてください。食べなければ痩せるというわけではないんですね・・・。

 

 

▼糖が足りていないと脳が注意警報発令!

脳のエネルギー源は、ぶどう糖です。ぶとう糖の供給が途切れることは脳死を意味するので、それはあってはならないことです。そこで食事からブドウ糖が補給されなくなると、太りやすくなる。

【甘いものを我慢している】

 糖質不足の場合の唯一の解決策は、甘いものを少量摂ること。たまに間食として、チョコレートの一欠けらを食べると、ストレス解消の役目も果たす。

脳からの空腹信号も抑えることができます。
 

▼冬は太ると言われる所以!冷え・低体温に注意!

 体が冷えると、水分や脂肪が溜まりやすくなり、血液やリンパ液の循環も低下、さらには老廃物も排出しにくくなるため、むくみ&セルライトができやすい。その上、代謝が悪くなることで太りやすくなってしまう。
 

【サラダばかり食べている】

 ダイエットだからと、サラダばかり食べていると、体を冷やしてしまう。

 

出来るだけ調理した野菜を取るようにすること。

 

【朝食をとっていない】

 規則正しい食生活がダイエットの基本。特に朝食抜きは体温を上げづらくする。

フルーツや飲み物だけでも摂るようにすること。
 

▼食事の偏りなど身体に必要な栄養素が足りていない!

 必須栄養素とは糖質のほかに、必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、水分があります。このどれかが不足していると、脂肪を溜め込みやすくなります。
【お肉を食べていない】

 糖を燃やすためには、ビタミンB群が必要。ダイエット中だからと野菜ばかり食べていると逆に燃えない体になってしまう。

 

ビタミンB群は豚肉に多い。牛肉はL-カルニチンが含まれていて、脂肪の燃焼を助ける。

 

 

【炭水化物を抜いている】

 炭水化物の摂取量を減らし過ぎると、脳が、体に必要な栄養源が足りない飢餓状態だと判断して、次の食事のときの栄養を体の中に貯め込むように指令を出してしまうので、かえって太りやすくなってしまう。

 

取り過ぎも太りますが、適度に炭水化物を取り入れることが大事。一緒に食物繊維の豊富な食材を食べる、酢の物と一緒に食べることが太らない食べ方の方法。

 

 

▼睡眠・ストレスのケアは大丈夫ですか?

 睡眠不足になるとレプチンが減ってグレリンが増えることにより、食欲が増進しがちなので注意する必要があります。ストレスが多いと浅い眠りとなり、成長ホルモンの分泌量が減るので、寝ている間に脂肪が蓄積されやすくなります。
【睡眠不足・逆に寝過ぎ】

 海外での研究によると、肥満度は7~8時間眠る人が最も低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなる。

 

日本人の健康診断のデータを分析した研究でも、同じような結果が出ている。睡眠時間が5時間以上の人に比べて、5時間未満の人は肥満になりやすい。

 

 

 

【ルールに縛られ過ぎ】

 自分が好きな食べ物を完全に禁止するのではなく、適度に制限するようにして、たまには息抜きやごほうびの意味で食べるようにするのも、ストレスをためない一つの方法。

スポーツや趣味に没頭する、友人と語る等自分だけのストレス発散を。ストレスがたまっている時は暴飲暴食に走りやすいので注意!
 

▼痩せたくて痩せたくてカロリーを抑え過ぎている!

 ダイエットで痩せれない原因は、1日の摂取カロリーが少なすぎるため。少なくとも基礎代謝量以上のカロリーを摂取しなければならない。

 

【基礎代謝量を把握していない】

 基礎代謝量とは、身体を動かす量には関係なく、生命を維持するために身体が消費するカロリーのこと。
30歳の女性で体重が50kgの場合は、50(kg)×21.7=1085(kcal)

 

 

 

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!