☆ コーヒーの効能 ☆

 
ダイエット効果もあるコーヒーの効能がすご過ぎてヤバイ世界中で多くの人に飲まれているコーヒー。集中力やリラックス効果があることは知っていましたが、ダイエットや便秘に対する効果も期待できる上、脳卒中の発症リスクも低くなるそうです。
1990年以前は「コーヒーは体に悪い」とする論文が多かったのに対して、1990年代以降はどちらかというと「体に良い」という視点の論文が増えている

 

 

ダイエット効果
コーヒーダイエットの効果の高さは、カフェインとクロロゲン酸の両方に、脂肪分解を促進する効果があり、相乗効果を得られる


コーヒーを運動前に飲めば、脂肪を分解しエネルギーに変える働きにより、 ダイエットに効果的

 “脂肪を付きにくくしよう” というのが、コーヒーダイエットのそもそもの考え方


コーヒーダイエットのルール① 基本はブラックで飲む! お砂糖や牛乳を入れてしまうと思った以上のカロリー摂取になることも。 どうしてもの場合はダイエットシュガーまたはハチミツを甘味に使用し、牛乳は低脂肪乳などを☆ 【コーヒー雑学#67】

 

カフェインは、腸の働きを良くします。つまり、便通を正常の健康な状態に促してくれる効果があります。カフェインは、特に即効性があるので急な便秘症状には有効なのです。

出典普段飲まない人に効果アリ コーヒーは便秘解消に効果アリ   | ツボ押しよりも効果あり!即効性のある便秘対処法を紹介「腸パンチ」

 

 コーヒーを飲むときにはたまに飲む程度にするとカフェインの刺激によって腸が働き、便秘が改善することもあります

コーヒーで便秘解消|即効で治す便秘解消法

 

 特に便秘で悩んでいるという方は、朝食時にコーヒーを飲むように心がけましょう。
こうした習慣によって、朝から腸の働きを活性化させる事ができます。

便秘解消はコーヒー&カフェインで!その正しい飲み方

 

コーヒーで便秘解消

 脳卒中や糖尿病にも!!
コーヒーを飲まない群を基準とした場合、循環器疾患と脳卒中については、週に3~6回、毎日1杯、毎日2杯以上飲む群の発症リスクが11%-20%低く、脳梗塞については週に1~2回以上の群で13-22%低い結果

2005年にハーバード大が発表した研究結果により、1日にコーヒーを一定以上飲む人は全く飲まない人に比べ、糖尿病になる確率が女性で30%、男性で50%少ないという事実が明らかになった

 普通のコーヒーとデカフェコーヒー、双方ともに耐糖能の悪化を予防する

 1日のはじまりにゆっくりと味わうモーニングコーヒー。それが心筋梗塞の予防にもつながる

 

 もちろん、リラックス効果も!!
α波が最も多く出現したのはグァテマラとブルーマウンテン。この2種の香りにはリラックス効果があることが立証された

 朝に限らず、コーヒーの高いリラックス効果は実証されており、2~3時間に1回はコーヒータイムをつくると、さらに仕事の効率がアップ

 

リラックス作用はその香りにあるといわれており、
深煎りの香りが特にリラックスできるようです。
リラックスするとお肌などの美容の面にも大いに役立ちます

 
コーヒー好きっ!

 コーヒーは世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料である。

 

 日本は世界のコーヒー市場で最大の消費国の一つだ

 

 

 

 

でも、飲み過ぎには注意!

 摂取量が250mg(コーヒーに換算して、3~4杯)以上、摂取した時には以下のような悪い作用が目だってきます

 カフェインには、不眠をはじめ、緊張・情緒不安・胃の刺激・嘔吐・心拍数の増加などの副作用があり、摂り過ぎるとイライラ感・不安・頭痛・耳鳴りなどの副作用が表れる可能性がある

 

 コーヒーは著しく口の中のpHを低下させると同時に飲みすぎると唾液分泌を抑制する

 

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!