☆ 体温を上げると健康になる ☆

高めの体温の効果
37度台でガン細胞を攻撃するNK細胞が最も活性化する。
37度台で酵素活性を高まる→白血球の質がよくなり免疫力が高まる→ウィルスを撃退する。
血流がよくなる→脳の老化防止効果がある
→代謝がよくなる

低体温の影響
35度台でガン細胞が最も活発に働く。
血液がどろどろ→血栓ができやすい→脳梗塞等のおそれが高まる

 
体温が一度下がると免疫力が30%落ち、一度上がると500~600%アップする。

健康を維持するために

まず一日に一度は体温をあげる
方法:・朝30分散歩をする
   ・白湯を飲む
   ・湯船に入って10分浸かる

 恒常的に平熱を上げるために
筋肉を鍛える
理由:・筋肉は発熱源
   ・筋肉が増えると基礎代謝が上がる→基礎代謝は全エネルギー消費の70%を占める→ダイエット効果もある

本書に書かれているさまざまな体温を高くするための努力事項により、健康を維持増進する別の効果も期待できる

(精神的、身体的、または環境による)ストレス→自律神経のバランスを崩す→低体温の原因となる

風邪薬から睡眠薬。薬はやはり使わないように努めるべきであるようだ。

 

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!