☆ ミネラル ☆

普段の食事だけじゃ不十分!?身体に必要なミネラルの補給法

ビタミンと違ってないがしろにされがちなミネラル。しかし、普段の食事だけでは十分に採れていないケースも少なくありません。注意すべきことをまとめました。

 

ミネラルが必要な理由

 

ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は体に必要なものです。しかし、ビタミンに比べてミネラルはあまり重要視されていません。だからこそ気をつける必要があります。

ミネラル配合の美容液で直接肌に補給する方法もあります。

 ミネラルとは、からだを構成する成分になったり、機能を調節したりする単一の元素からなる栄養素で、土壌や水の中にある無機質です。

ミネラルはからだの調節や維持に必要な微量栄養素であり、糖質やたんぱく質、脂肪を体内で働かせるための大切なサポート役となります。

 ミネラルは体内で作り出す(合成する)ことができないので、当然食べ物や飲み物から摂取する必要があります。

 

生体元素とは、生命維持に必要な元素の総称で生体ミネラルとも呼ばれます。

 

 肌の新陳代謝にはとくに亜鉛というミネラルを使います。

 

この亜鉛が極端に不足すると、肌の新陳代謝がうまくできなくなって発症する「腸性肢端皮膚炎」という皮膚炎があるくらい栄養素と皮膚の関係(皮膚だけではなく体全体の健康にですが)は、深いのです。

 

ミネラルを摂るのは難しい!?

 

私達にとって最も取りやすい植物ミネラル。昔は特に意識しなくても普段の食事の中でとれたのですが、現代ではそうとも言えなくなってきています。

 ここ50年近くの間に、現代農法の影響で野菜・穀物等に含まれる主要ミネラルは数分の1以下にまで減少。

 

微量ミネラルにいたっては皆無とも考えられる。必要なミネラルはごく微量とは言え、欠乏すると体に支障が出る。最悪の場合死に至る。

 ミネラルは現代に於いて最も摂取が難しくなってきているのです。

 

文部科学技術省の食品成分分析調査によると、過去50年間における食物の鉄分だけの減少率は、ほうれん草で約85%、トマト約96%、りんごは100%と、大幅に減少していることがわかっています。その他のミネラルも減少しているのですよ!

 

 精製食品は、製造過程でミネラルなどが取り除かれています。

 

ゆえに、消化するために体に蓄えたビタミン・ミネラルを奪ってしまいます。

 

普段の生活の中でミネラルを摂るために

 

ミネラルは不足すると問題が起きますが、それ以外に過剰摂取で問題になることも。サプリメントで補充する場合は特に注意しましょう。

 ミネラルは魚介類や海産物、動物の肉や豆類などに多く含まれています。

多い … 海産物や動物の肉、乳製品や豆類
少ない … 加工食品や添加物の多い食品

 サプリメントはマルチミネラルとして身体に必要な成分を含んだものを摂取することをお勧めします。

 

ミネラルは、ビタミンと同じで単体で摂取しても効果は薄いです。ミネラルは、それぞれの成分がお互いに助け合い効果を発揮します。

 不足するミネラルは補う必要性があるものの、過剰症が起きやすいという認識を持っておく必要もあり、サプリメントなどで個別のミネラルを摂取する際には、用法・用量を守ることが重要です。

 

ミネラルはビタミンと違って「安全領域が狭い」ということに注意しておく必要があります。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!