☆ 体にいい3大フルーツ ☆

バナナでイライラが消える!? 体の悩みにいいフルーツ3つ

今まさにキッチンにあるかもしれない旬のフルーツと、皆さんが常日ごろ口にしている定番フルーツから、驚くべき美容効果と、意外に知られていない+αの効果についてご紹介したいと思います。

▼超優秀フルーツ バナナ

 バナナの植物繊維には、フラクトオリゴ糖が多く含まれています。このフラクトオリゴ糖が腸内で善玉菌のエサになり、お腹の調子を整え、便秘を解消してくれる

 水分代謝を促進してくれるカリウムも多く含まれているので、むくみ防止効果も高く、身近な最強のデトックスフルーツ

 バナナには抗酸化物質の一種であるポリフェノールが、赤ワイングラス一杯に匹敵するほど含まれており、これは果物としては最高の量です。

 

ポリフェノールには活性酸素を取り除く効果があると言われており、老化やガン、生活習慣病の予防が期待できます。

 

 バナナには多くの糖類が含まれ、それが時間差で吸収されるため長時間持続します。そのためスタミナを必要とするスポーツ選手などにも適した食物と言えます。

 バナナにはトリプトファンという、心を安定させるホルモンであるセロトニンの材料が含まれています。イライラしがちなときや生理中など、女性はぜひ摂りたいフルーツです。

▼バラ色のお肌を手に入れたいなら みかん

 風邪やガンを予防したり、肌の再生(ターンオーバー)を活発にして、美しい肌を保つ効能があります。
 そんなみかんには、美肌に欠かせないビタミンCがたっぷり! みかん3個で一日のビタミンC必要量を摂取することができます。肌や粘膜を健やかに保ってくれるカロテンは、トマトの約2倍含まれています。
 入浴剤の代わりにみかんの皮を使いましょう。
みかんの皮にはオイル成分が含まれていてツルツルになり、ビタミンCも皮膚から吸収しコラーゲンが生まれます。

 みかんの皮の上にある白いスジをむいて食べる人が多いですが、それはかなりもったいない事です。

白いスジには、免疫機能をアップさせる成分であるビタミンPが多く入っています。

▼貧血、虫歯予防には イチゴ

 みかん同様に、ビタミンCがたっぷりのイチゴ。イチゴの場合は、10粒で一日のビタミンC必要量を摂取できます。さらにコラーゲンの生成を助け、美白にもよい、まさに“美肌フルーツ”です。
 貧血防止にも重要な葉酸が含まれているので、貧血気味の方や妊婦さんには、ぜひ摂って欲しいフルーツです。
 虫歯予防効果のあるキシリトールも含まれ、まさに美容果実そのもの。
▼この果物を使ったおすすめレシピ

 いちごとバナナのミルクシェイク

 

 イチゴとバナナのグラタン

 揚げバナナのミカンソース
 黒酢入り☆いちごとみかんの黒豆ヨーグルト

■ いかがでしたか? フルーツの持つ効果を知ることで、他の食材との相乗効果も期待できそうですよね。ぜひ積極的に摂るようにしましょう。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6886-8682

にて予約受付中!