☆ 牧草牛ダイエット ☆

食べて痩せる!?注目ダイエット法「牧草牛ダイエット」とは

牧草牛とは放牧し、牧草で育てた牛のこと。一般的な牛にとは違い、様々な栄養があるとして、ダイエット法の1つとして注目を集めています。

”牧草牛ダイエット”とは?

 牧草牛ダイエットは、炭水化物を立ち、1日300~500gの赤身肉を食べる食事法です。

 糖質をカットして「ケトン体」を生成するダイエット法

 

食事の炭水化物を減らすと糖質がカットされますが、糖質をカットされると肝臓にて脂肪酸が「ケトン体」というのに分解され、糖質などのエネルギー源の代わりにエネルギー源となります。
体脂肪を増やすのは糖質のみなので、糖質をカットすることで体脂肪が増えるのを抑えつつ、エネルギー源を確保するのです。

 牧草牛ダイエットは、昨今定着しつつある、糖質オフダイエットの最新型です。

 

牧草牛は現代人向けの最高級の栄養源なのです。

 穀物牛は運動を制限し人工的に太らせるのに対し、牧草牛は放牧し、牧草にて育てる飼育法です。

 

穀物牛は霜降り牛肉を生産させるための育て方に対し、牧草牛は自然の摂理にあった飼育法で、無農薬有機栽培に拘る人なら注目しておきたい飼育方法です。

 ニュージーランド牧草牛の風味は脂肪が少なく、肉質がやわらかい。

脂肪分が少ないゆえ調理もしやすく、和風の味付けにもピッタリ。

なぜ”牧草牛”がダイエットにいいの?

 

牧草牛には、穀物牛よりも栄養素が豊富なのです。

 ダイエットのためにはたんぱく質を多く摂ること鍵だが、牧草牛にはタンパク源が多く含まれているとしています。

 

なかでもニュージーランドの放牧牛は、広大な牧場で育てられているためストレスフリーかつ、抗生物質に頼ることなく育てられているため、病気につよいです。
また、牧草はマメ科の草が中心で、栄養価が高く、肉の組成に凝縮されます。

 ニュージーランドの牧草牛は国産牛に比べビタミンB12が2倍、共役リノール酸を3~5倍含むほか、コエンザイムQ10も倍量含まれています。

脂質の代謝に効く栄養素や、体脂肪を燃やそうとする成分が多く含まれているので、糖質オフダイエットに効果的だそうです。

 牧草牛には良質の脂肪酸、たんぱく質、鉄分、ビタミンB、亜鉛、ミネラルなどがバランスよく含まれています。

 また、コエンザイムQ10、タウリン、カルノシン、オメガ3脂肪酸、共役リノール酸など生理活性物質が穀物牛よりも多く含まれています。

 

コエンザイムQ10は細胞にエネルギーを供給する重要酵素となる協力な抗酸化物質、カルノシンは筋肉が酸性に成るのを防ぎ、老化防止に役立つ物質です。

 

こういう人にオススメ!

ダイエットをしたい人から健康になりたい人までオススメです。

 太りにくい体を作りたい人

 

赤み牛肉の「赤」の正体は鉄分で、ヘモグロビンを形成してくれる鉄は、新陳代謝・免疫力を高めてくれます。
牧草牛には良質なヘム鉄が豊富に含まれています。

 

 子育て中のお母さん

 

共役リノール酸は牧草牛の赤身肉に一番多く含まれていますが、この成分は授乳期に必要な脂肪酸なので、出産直後のママさんにおすすめです。

 野菜不足の人

牧草を食べる牛には緑黄色野菜の栄養が多く含まれており、牧草牛の牛肉は、人間が摂取しにくい野菜の栄養素を取りやすくしてくれます。
しかも肉類は野菜に比べて消化・体内吸収しやすいです。野菜嫌いの子供などに食べさせるのもよさそうですね。

 ダイエットを目指すランナーの人

 

ニュージーランド牛は低カロリーで、オメガ3脂肪酸を豊富に含みます。
オメガ3脂肪酸は血管の健康状態を保ってくれるので、ランナーにとっておきだと、元マラソンランナーの金哲彦さんもオススメしています。

調理するためのコツは?

 

せっかく食べるなら、美味しく食べたいですよね。

 

 コツは「焼く前に塩をもみこむ」「1,フライパンの温度」「2,仲間で火を通す」「3,一旦フライパンから出す」「4,ハーブ香るバターで仕上げ」です。

1・・・焼く前にしっかり目の塩を揉み込む。
2・・・焼く前はもちろん、事前にもフライパンを温めておく。
3・・・温まったら少したっぷり目のバターを入れ、スプーンでまんべんなく掛けながら中まで火を通す。
4・・・キレイな焼き目ができたら一旦取り出して熱を下げることで、ストレスから肉を解放する。
5・・・生ハーブがおすすえm。香りがバターの中に溶け込まれたら再び肉を投入し、まんべんなく火をかけて出来上がり。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!