☆ ポッコリお腹の原因 ☆

原因を見極めて解消する!ぽっこりお腹の凹ませる方法

男性も女性も悩んでる人は少なくないぽっこりお腹。実は原因はいくつか考えられるので、それに見合った方法じゃないと解消出来ません。ぽっこりお腹の凹ませる方法をまとめました。

ぽっこりお腹の原因

 

ぽっこり腹の原因は、筋肉が弱ってることや、脂肪が多いことなどいくつか考えられます。自分がどのケースに当てはまるのかをチェックして、それに応じた対策を行いましょう。

 

お腹が飛び出てしまうのは、腹部の内臓脂肪や皮下脂肪が多いということの他に、内臓を正常な位置にキープする筋肉が弱っていることが理由となります。

 

若いころは引き締まっていたお腹も、加齢とともに「ぽっこり腹」になってしまいます。

腹筋が弱くなると骨盤が歪み、弱くなった部分に内臓が落ちてきます。

腹筋、インナーマッスルの衰えからこういうクセがつくことが多いとされています。

腸内環境が乱れてアレルギー反応を引き起こし、腸が腫れたような状態になり、ポッコリの原因になることも。

 

腸の中の環境が悪化して、腸内に汚れや悪玉菌が増えると腸の粘膜が過敏になります。

インナーマッスルを鍛えてぽっこりお腹を解消する

 

一般的な腹筋のトレーニングも効果がありますが、それよりもインナーマッスルを鍛えたほうがポッコリお腹が改善される可能性が高いです。アイソメトリックスという方法がお勧めです。

ぽっこりお腹解消には、インナーマッスルを鍛えることが重要です。

 

インナーマッスルは体の内部にある筋肉で、体の各部を支えてくれている筋肉です。これを鍛えると腰まわりの各部、を引っ張りあげてくれるようになりますから、当然ぽっこりお腹周辺を持ち上げる効果がでます。

 

腹を凹めることを、ドローイン(Draw-In)と呼びます。ただし凹めてすぐに元に戻してしまうのではなく、思いっきり凹めた状態で10秒間キープするようにしましょう。

この思いっきり力を入れて10秒間キープというのが、アイソメトリックスの重要ポイントです。
 

アブアイソメトリック

 

床に両ひじとつま先をつけ、身体を一直線に保つ。そのままの姿勢で30秒間の静止を2セット。お腹全体を引き締めると同時に、背中や腰部分のコアマッスルが鍛えられる。

皮下脂肪&内臓脂肪を落とす

お腹に脂肪がついてしまっている場合は、やはり見た目に大きく影響してしまいます。この対策は一般的なダイエットと同じでコツコツ取り組んでいく必要があると言えます。

お腹の脂肪には、『内蔵脂肪』と『皮下脂肪』があり、それぞれが異なる性質を持っています。

 

腕や太腿などと比べて、明らかにお腹の肉だけが掴みやすくなっているような状態は、皮下脂肪が多く蓄積している証拠です。

 

よく食事だけで何とかしようとする人が多いのですが、食事を減らしても体脂肪が燃えることはほとんどありません。

 

食事制限で体重が落ちているのは、筋肉量が減って体重が落ちているのです。いくら体重が落ちても体脂肪が減っていなければ本末転倒です。

 

内臓脂肪を減らすには、ウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビクス、自転車などの有酸素運動を行って初めて可能になります。

 

そして、生活習慣を見直して食事を改めたうえで、ダンベル体操や腹筋などの筋肉運動を試みる場合は、おなかをしぼる効果も望めるでしょう。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!