☆ 寝活 ☆

睡眠時間を美容のために活用する“寝活”をする女性が増えているそうです。寝ながらキレイになれる“寝活”ケアについてまとめてみました。


睡眠時間はキレイをつくるゴールデンタイム♪

アンチチエイジング作用のあるホルモンが脳から分泌されている

 

肌を構成する新しい細胞をつくる成長ホルモンや、身体を構成する細胞の老化を防ぐ働きがあるメラトニンなどが睡眠中に分泌されています。

肌細胞の修復やお肌にハリや潤いを与える成分が活発に生成される


夜10時~2時の「睡眠中」に、筋肉や皮膚組織などの修復がもっとも活発に行われています。
良質な睡眠が不足すると肥満体質になりやすい

不規則な生活やストレスで睡眠が不足すると、食欲を強める働きがあるホルモンが増加しやすくなるそうです。

寝ながらできる簡単ケア


ナイトケア用のミネラルファンデーションをつける


眠る前にメイクを落とすことが鉄則でしたが、つけて眠る夜用ファンデーションが商品化されているそうです。
薄づきで肌への密着度も高く、パジャマや寝具に色が付着する心配もありません。

髪に洗い流さないトリートメントやパックをして寝る

http://www.modshair.co.jp/assets/images/fujisawa/images/photo/kerastase.jpg 

アロマ効果のあるトリートメントを使うと、リラックス効果も期待できます。

夜用手袋・ソックスを着けて寝る


美白やむくみとりに効果があります。
外れにくいように長めのものを着用するのがポイント

コラーゲンや乳酸菌飲料、サプリメント等を飲む

細胞分裂がさかんになる睡眠前にあらかじめ飲んでおくことで、より効果が発揮できるそうです。


よく眠れる環境作りも大切
ジャージやスウェットなどの“部屋着”で寝ない

ジャージやスウェットはフィット感があり、吸湿性や放湿性が悪いために寝るときの服装としてはむいていないそうです。良い睡眠を取りたい場合は、軽い素材でゆったりしたパジャマがおすすめ。

強い光、大きな音で脳を刺激しない


寝る前に携帯を操作して画面の光を浴びたり、音楽を聴くことなどで脳が刺激されて寝付きにくくなるそうです。

寝酒は控える

一見寝付きが良くなりそうな方法ですが、質という面から見ると浅い睡眠になっていて、悪夢を見たり途中で目が覚めてしまう事も。


今日あったことの“反省”をしない

 

ゆっくり入浴して手足の末梢神経を温める

寝る前にコップ1杯の白湯を飲む

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6802-0384

にて予約受付中!