☆ 臭くならない部屋干し ☆


 


臭くならない部屋干しのコツ



もうすぐジメジメした季節がやってきますね。雨で干せない時は乾燥機があればいいのですが部屋干しする人も多いのでは?部屋干ししても臭くならない洗剤などを使うんですがなかなかうまくいきません。調べてみると臭くならない部屋干し方法があったのでまとめます。梅雨に向けて部屋干しをマスターしましょう。


▼臭いの原因は「汚れ」と「生乾き」

洗濯で落としきれずに残った汚れの酸化・雑菌の繁殖によってニオイが発生、乾くまでに時間をかけると菌の繁殖が進行します
【重要ポイント】
1.「洗濯物の汚れをしっかり落とすこと」
2.「素早く乾かすこと」


この2点のポイントを意識することで、効果的な対策を行うことができます

▼汚れをしっかり落とすには…
 
洗濯機は清潔に保つことが基本です
洗濯物の汚れをしっかり落とすため、洗濯機の容量を必ず守る

決められた容量以上の量の洗濯物を入れて洗うと、汚れが残りやすくなります
一回の量を少なくすることで汚れが落ちやすく、乾きやすくもなります。

脱水時間はいつもより30秒~1分長めにする

乾燥時間を短くするために、30秒~1分ほど長めに設定しましょう

▼雑菌の繁殖を抑える
 

部屋干し用洗剤、柔軟剤で洗濯しましょう

すすぎ時に「酢」を入れる
すすぎ時に少量の酢(大さじ2~3杯程度)を加えるだけで、匂いの原因である雑菌の繁殖を抑えます
お酢の臭いは乾いた頃には中和して消えてしまいます
お風呂の残り湯は使用しない

節約にはなりますが、お風呂の残り湯には雑菌が多く、洗濯に使うと衣類にも雑菌が移りやすくなります

▼素早く乾かすには…


洗い終わったらすぐに干しましょう
「風通し」「空気の交換」「風の道」がポイントです
丸めた新聞紙を置く
新聞紙が洗濯物から出た湿気を吸ってくれます

できるだけ広いスペースに広げて干す
できるだけ広いスペースに間隔をあけて干すようにしましょう
浴室も換気扇があるため湿気を追い出しやすくおすすめで

▼アイテム別の効果的な干し方
【ワイシャツ・ポロシャツ】
衿は立て、ボタンやファスナーはあける

【フード】
フードの中に洗濯ネットを入れて広げフードや袖は垂らさない
【ズボン・スカート】

裏に布の重なりが多いなどは、裏返しにして筒状につるして干す

【厚手の衣料】
小物干しを入れてすき間をつくる


【シーツなどの大物】
中にハンガーを何本か入れてすき間をつくる。



【バスタオルなど大物】
小物干しに干すときは蛇腹(じゃばら)状に干す。


予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!