☆ 体が硬いと・・・・・☆


 

体が硬いことでのデメリットが怖すぎる


寒い季節は体が硬くなってしまいますね。体が硬いデメリットは怪我しやすくなるだけと思っていたら、実は太りやすく、不健康な体になってしまうんだとか…。怖いですね…。そこで体を柔らかくするコツと一緒にまとめてみました。



調子が悪いのは体が硬いからかもしれない



腰痛になりやすくなる


太ももの前や裏、お尻、股関節などの筋肉の柔軟性がなくなるのが原因になることもあるそうです。
血行不良になり、冷えや肩こりといったトラブルを引き起こす
寝ていても脳が緊張状態が続き、体を硬くして疲れが取れない

体が硬い状態で寝ても、血流が悪くなって疲れが取れなくなるようです。
動きがぎくしゃくと硬くなり怪我をしやすくなる
健康にも大きなデメリットが

代謝が落ちて、どうしても太りやすくなってしまう

体内の老廃物が排出されず、むくみや疲れがたまってしまいやすくなる
血管もだんだん弾力性を失って硬くなっていき、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まっていく
さらに一度硬くなると悪循環に…

 
 
体を動かすのがおっくうになり、ますます体は硬くこわばり悪循環になる
長年体が硬いと、硬い体をキープしようと脳が働いてしまう

その状態をキープしようと、「現状維持プログラム」が働いてしまうのが原因のようです。

あきらめないで!今からでも遅くない体を柔らかくするコツ



 

 
お風呂で十分に体を温めて、温まっている状態でストレッチをする

頑張らずに、気持ち良さを求めていく
はずみはつけない

筋を痛めてしまうので、反動無しでストレッチしましょう。 動作は大きくゆっくりと。曲げる時は息を吐く





予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!