☆ 基礎代謝を上げるには ☆



基礎代謝を上げれば、簡単にダイエットをすることが出来ますよ。ちゃんと痩せることが出来るように、日頃からエネルギー消費が出来る体になっておきましょう。誰でもできる代謝アップの法則。

 

基礎代謝とは何か?



何もせずに消費するエネルギー
基礎代謝とは、運動による消費などを一切考慮せず、
生命をただ維持するのに必要なエネルギーをいいます。
 
年齢、性別、体重で計算

基礎代謝表で簡単に自分の基礎代謝を知ることができます。
一般的に成人男性で1500kcal、成人女性で1200kcalと言われています。
脳や内臓が消費している
 
基礎代謝の大半は筋肉が体温を生むために消費する分や、
脳と内臓が機能を維持するために使われるエネルギーです。
消費エネルギーの7割を占める
 
基礎代謝は、普通の生活をしている人では消費エネルギーの7割にのぼるとされます。
基礎代謝の上げ方
心肺機能をあげる
 
有酸素運動は心肺機能が強化され、代謝を活性化します
 
筋トレをする

筋肉は基礎代謝の中でも大きな割合を占めます。
筋トレで筋肉を増やすと基礎代謝も増えます

高タンパク食

筋トレをすると共に良質のタンパク質を多く摂取することで、効率的に筋肉をつけることができます。


基礎代謝を上げる工夫


特に夏場に部屋の温度が低すぎると体表の血管が縮んでエネルギーの消費が減ります。

 

 

朝食の習慣

 
朝食をとることで内臓が活性化し、体温もあがるので基礎代謝が増えることになります。

半身浴
体の芯まで温め、血液のめぐりを良くすることで全身の代謝が活性化します。
 
 
基礎代謝の下がる原因

加齢

基礎代謝は20歳になる前にピークを迎え、それ以降は徐々に低下します。

ダイエット

 

血行不良


基礎代謝とホルモン



甲状腺ホルモン


甲状腺ホルモンは基礎代謝を調節している主なホルモンです。
バセドウ病では甲状腺ホルモンの過剰な分泌のため、体温があがり、体重が減少します。

成長ホルモン

若いころや、運動した後に多く分泌されるホルモンで、基礎代謝を高めます。
夜に眠っている間に分泌されるので、不規則な生活をしていると分泌が足りなくなります。

 
アドレナリン、ノルアドレナリン

これらは体を活動的な状態にする代表的なホルモンで、エネルギー代謝を促進します

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6802-0384

にて予約受付中!