☆ 空腹時こそ!! ☆


 


知ってた?空腹の時こそ運動するのがダイエットに効果的だった!



ダイエットの大敵「空腹感」。そんな時こそ運動しましょう。




そもそも空腹感とは何か?




人が空腹感を感じる時、何も食べてないからとか、胃の中に食べ物がなくなったからと思われていましたが、実は血糖値が下がっているサインなのです。





食事をしてから時間が経つと血液の中の糖分の量(血糖値)が下がり、それを脳が感知する事で空腹感が生まれてきます。



もちろん、エネルギーが足らないというサインでもありません。だから、空腹感を感じたからといって、食べてしまうのはやはりNGなのです。



 



それを体感するため、おなかがペコペコの時に
ブドウ糖を混ぜた水を飲んでみたら、、、
なんとホントに空腹が和らぐ!新鮮な驚きでした。





そんな空腹時にこそ運動を!



空腹時に運動をすると、体はさらに血糖を消費することになります。このような状態になると人間の体というのは予備に貯蔵しておいた体脂肪をエネルギーとして消費しようとするのです。その結果、体脂肪を減少させることが可能だといわれています



たとえば何も食事を取っていない場合に脂肪100g分の運動をしたとする。

それは体に「1000キロカロリーの熱をおこしたこと」とおなじになり、
とても温かい。これと食事をとったのと同じことになる。
つまり自分の体を食べるのである




■空腹感を感じたら、運動すれば脂肪は分解できる
・食後3時間(空腹感が生じる)すると、血液中のブドウ糖の量は減少している
・内臓脂肪を、遊離脂肪酸として血液中に分解して、利用する
・体に貯まった脂肪を利用して、運動をするので、脂肪が減る


適度な空腹の状態に運動を行うことでダイエットの効果を高めることができます。そして空腹時に運動をすることによって、空腹感を紛らわすことが出来ます。また、空腹感から来るイライラ感などからも解放され、過食を防止することも出来るのです。






どんな運動が最適なの?








可能であれば、1時間程度のウォーキングやゆっくりのジョギングがいいようです。とはいえ、普段の生活でしっかり運動を続けるのはなかなか難しいことなので、日常生活の中で、できるだけ歩くことを増やしたりすることも大事でしょう。






例えばランチ外食をする時、いつもより遠くのお店まで歩いていってみたり、なんてことも食前の運動になりますね。ちなみに以前、NHKの「ためしてガッテン」では、空腹感に襲われたら「その場ダッシュ」をするといい、ということが伝えられていました。
そして、運動後にはしっかり栄養補給をしてください。
ここでの補給は体の回復につかわれるので脂肪になりにくいです。
摂り過ぎては運動が台無しになるのでダメですが、炭水化物・タンパク質・ビタミン・ミネラルなどバランスのとれた食事やアミノ酸やプロテインなどのサ
プリメントを摂るのがいいですね。


空腹時の運動で気をつけるべき事




空腹時に運動を行うということは、それだけ体に負担をかける行為でもあります。
血糖値が低い時に急激にエネルギーを消費するような激しい運動を行うと、極度の低血糖により貧血や、ひどい場合は心臓麻痺などを起こす危険もあります。


空腹時にハードなウエイトトレーニングやダッシュなどの無酸素運動は危険ですし、効率が悪いのでやめましょう。
なによりパフォーマンスがさがって、モチベーション低下の問題にもなりかねません。







何よりも運動を継続する事。
空腹時に体脂肪を直接燃焼させなかったとしても、運動によってエネルギーを消費することが大切なのです。
そして食べ過ぎてさえいなければ体脂肪は日常生活の中でも少しずつ消費されますから、結局はダイエットの目標を達成できる事になります。
あまり考え過ぎないで、自分のカラダと対話しながらトレーニングの継続をしていきましょう。
 

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6802-0384

にて予約受付中!