☆ 臭わない体づくり ☆

チョットした習慣でできる"臭わない"体づくり

暑い時期が近づいてきて汗を通勤中や仕事中に汗をかくようになってきました。汗をかくとどうしても気になるのは臭い。臭わないようにする対策は制汗剤の他にはないの?と思い調べるとほかにも汗を臭わなくする方法や食生活あったのでまとめようと思います。やってみて今年はさわやかな夏にしたいですね。

 

汗=臭い…は間違っている!

 

汗には「臭う汗」と「臭わない汗」があり、全てが臭いという訳ではありません。日々のケアと、生活を見直して「臭わない」汗を目指しましょう!

男くさいイヤ~な臭いをおさえるケア

タオルに生姜を含ませたお湯で絞り、気になるポイントを拭く

http://item.shopping.c.yimg.jp/i/j/organic_ocf101

生姜には体臭の発生をくいとめる働きもあり、生姜に含まれるジンゲロンやショウガオールの成分には強い殺菌力があるので皮膚の雑菌も防いでくれます。

汗ふきシートで汗を拭く→制汗剤をつけると◎

http://photo.kenko.com/E237668H_L.jpg

外出中は、ただ制汗剤をつけるのではなく、汗をかいたらまず汗ふきシートで汗を拭いて制汗剤をつけると、より臭いを押さえることができます。

米酢をお風呂に少し入れて雑菌の増殖を抑える

http://www.sankoest.co.jp/images/huro-n05.jpg

酢のおもな成分であるクエン酸には、殺菌効果、皮膚の表面を酸性に保ってくれるので雑菌の増殖を抑える効果が。また、汗腺も引き締めてくれるので、汗を抑えてくれる素晴らしい効果も。

レモン汁をワキにつける

 

http://americansarong.com/wp-content/uploads/2009/12/lemon.jpg

皮脂が酸化するのを防いでくれるので、臭いが強かったり皮脂が分泌されるワキなどにつけると良いそうです。

体の中から臭いを断ち切る!

▼意図的に汗をかく

 

運動や半身浴で、普段から汗をかいておけばサラサラな臭いの少ない汗に。

毎日10分ウォーキングをする

 

 
 

眠っていた汗腺が目覚めサラサラな臭いのない汗をかくことができるようになります。

37~38℃のお湯で半身浴をすると汗の量を抑えられる

 

体温調節を正常に行うために必要な「汗腺トレーニング」になり、汗の量を抑えられます。

▼食生活をみなおす

 

日々の食生活は、体臭に大きな関わりをもちます。夏の間だけでも試してみたはどうでしょうか?

汗・体臭の原因になる肉料理の食べ過ぎない

 

食後は代謝熱が出て体温が上がるのですが、タンパク質は炭水化物に比べて5倍も多く熱を生みます。

ビタミンが大量に含まれている野菜をとる

 

中でもビタミンAとEが汗の臭いをセーブしてくれるので、緑黄色野菜やゴマ・胚芽などを率先して摂りましょう。

麺類(そばやうどん)や大豆製品を食べて汗をかくのを抑える

 

発汗を調整する成分であるイソフラボンを含んだ大豆製品を食べるとよいでしょう。

▼臭いは「生活環境」にも関わりが…

仕事が忙しいと不規則な生活になりがち。体臭をどうしても減らしたかったら、生活環境から見直しましょう。

冷房の効いた部屋に1日中いる→汗腺に老廃物や角質がたまる

 

冷房の効いた部屋に1日中いると、汗をかく機会が少ないため、汗腺に老廃物や角質がたまり、汗をかいたときにこれらが一緒に体外へ排出されて臭いの原因になります。

睡眠不足→胃腸の働きがわるくなって口臭・体臭が発生

寝不足になると、基礎代謝が落ちてしまいます。基礎代謝が落ちると体温が下がってしまい、胃腸の働きがわるくなって口臭や体臭が発生してしまいます。

ストレスがたまりやすい→エクリン腺が刺激されて汗をかく

 

ストレスによって交感神経が緊張すると、エクリン腺が刺激されて汗をかきます。ストレスは、体内に活性酸素を発生させやすいといわれ、ノネナールというにおい物質を発生させる原因になります。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT 


にて予約受付中!