☆ 風邪予防 ☆

風邪予防に効果的!生活に一工夫するだけで予防効果が高まる方法

これから寒くなるに従い多くなる疾患として風邪があります。風邪を予防、改善出来る薬が出来たらノーベル賞ものだといわれていますが、それだけ予防したり治したりするのが難しい風邪は、やはり自分の免疫を高めて予防するのが一番だとされています。その方法をご紹介したいと思います。ぜひお役立て下さいませ。

風邪症候群とは

誰もが苦しむ疾患です

Photo by a.collectionRF / amana images

咳(せき)、鼻水、くしゃみを主症状とする上気道感染症で、発熱、咽頭痛(いんとうつう)、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲低下などを伴う場合があります。80〜90%はウイルスが原因です。通常は数日の経過で自然に治り、予後は良好です。乳幼児では一般にかかる頻度が高く、発熱を伴う頻度も高くなります。
 

ほとんどは呼吸器系のウイルス感染によるもので、原因ウイルスとしてはアデノウイルス、インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなどがあげられます。

 

特異的な治療法がないので、対症療法(発熱があれば解熱薬、咳がひどい場合は鎮咳去痰薬(ちんがいきょたんやく)、鼻水がひどい場合は抗ヒスタミン薬の投与など)のみとなります。

 

ウイルスを駆逐する方法はなく、治療は自己免疫に委ねられます。

 

 

□◆その風邪を予防出来る生活の一工夫とは

歯磨き、舌磨き

口の中は常に雑菌だらけ

Photo by Chris Amaral / Digital Vision

口の中にはいる菌としてカンジタ菌などが有名ですが、風邪の原因となるウイルスや細菌なども口の中で増殖することが分かっています。なので、毎日清潔にすることが風邪予防に繋がります。

口腔ケアを心がけているグループはケアをしなかったグループに比べて、インフルエンザ感染率が10分の1だった

 

口腔ケアは歯磨きと同時に舌をきれいにする手入れ方法だ。舌には食べ物のカスが残り細菌も繁殖する。ここをきれいにすることでウイルスの付着も防ぎインフルエンザの予防にもなる

 

実は口の中はとても汚いのです。

ふだんは口臭予防などのために行われる「歯磨き」や「舌磨き」がインフルエンザ予防にも役立つ

 

入浴

体を温めることが重要です

Photo by Jupiterimages / Pixland

体を入浴で温めることによって、体内の免疫細胞が活発になり風邪ウイルスなどの悪者を撃退してくれます。

週に2~3回程度でも効果があります。

体温が37度台のとき、人間の免疫力は最も強力に働きます。入浴によって、その体温をキープすることがひき初めの風邪対策にはとても効果的です。また、この段階で解熱剤を服用するのは大間違いです。

 

最近注目されているのが、HSP(heat shock proteinヒートショックプロテイン)というタンパク質です。どんなタンパクでも修復してくれ、修復不可能な細胞はおかしな働きをしないように自殺死(アポトーシス)させてしまう

 

どんなタンパクでもということは、細胞、ホルモン、酵素、コラーゲンを含め体のあらゆるものを修復してくれるのです。内臓機能アップ、免疫力アップ、癌予防などが期待できる万能タンパク質です。

外から温める入浴法が大切。HSP研究の第一人者愛知医科大学の伊藤要子准教授が提唱する。HSP入浴法は、「週2回、42度のお風呂に10分入る」というもの。

 

これだけで免疫が高まり、風邪の原因となるウイルスや細菌を撃退します。

青魚を食べる

EPA・DHAがキーワードです

Photo by Ablestock.com / AbleStock.com

青魚にはEPA・DHAという不飽和脂肪酸が含まれています。その不飽和脂肪酸にインフルエンザを予防する効果があるとされています。

DHA、EPAはα-リノレン酸などとともにオメガ3脂肪酸に分類される。オメガ3脂肪酸の割合が高い食事がインフルエンザウイルスの増殖防止効果がある

 

重症のインフルエンザで、魚油などに含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)由来の脂質酸化代謝物プロテクチン(PD1)がウイルス増殖を抑制する

 

 

日光浴

ビタミンDの生成が促されます

Photo by DAJ / amana images

ビタミンDは体内にてカルシウムの吸収や免疫機能の維持などに大きく関わっています。不足すると免疫低下や骨がもろくなるなどを引き起こします。

冬の間ビタミンDを摂っていた子供は摂っていない子供に比べ、インフルエンザ発症率が半分近くまで抑え込まれたという結果が判明している

 

ビタミンDは食事や日光浴で補給されます。

日光浴によって人体にとても大切なビタミンDが生成されることも見逃せない。最近の研究で、ビタミンDが様々な力を持っていることが明らかにされつつある。ビタミンDは、風邪をひかない、インフルエンザにかからない、癌を予防する等の様々な効果があると言われている。

 

効果を得るためには、ビタミンDを1日1000IU(25μg)摂取することが推奨されています。

 

日光浴以外にも食べ物によってビタミンDは補給することが出来ます。
アンコウの肝 110
シラス干し 61
イワシ丸干し 50
ニシン 50
イクラ 44
カワハギ 43
紅鮭 33
イカナゴ 21
サンマ 19
ヒラメ 18
数の子 17
カレイ 13
サバ 11
※100g当たりのビタミンD (μg)

十分な睡眠

深く眠ることです

Photo by David De Lossy / Digital Vision

深く眠ることにより体全体が元気になることが出来ますし、更に炎症などを回復させることも出来ます。

睡眠中には体内のリンパ球が増える限られた時間なのです。リンパ球には免疫を高める効果がありますので、睡眠時間を確保するというのは、風邪のウイルスなどに負けないために必要不可欠なのです

 

日頃の疲労の積み重ねや睡眠不足は、体が疲れていることから分かるように、体内の機能が低下しています

 

充分な睡眠時間は個人によって異なりますが、一般的に理想の睡眠時間は一日6~7時間です。よく休み、翌日に疲れを残さないようにしましょう。

 

疲れている時は更に多くの睡眠時間を必要とします。

鼻呼吸を心掛ける

鼻呼吸をすることが大事です

Photo by Digital Vision. / Digital Vision

鼻呼吸をすることにより、鼻毛や鼻粘膜に風邪の原因となるウイルスや細菌を留まらさておくことが出来ます。

ヒトは,マスクの代わりになるものを体に備えて入る。それは鼻で呼吸することだ。そう!鼻は天然の加湿器なのだ。一方、直接口から空気が入ると体の防御機構が働かない。だから風邪を引きやすい。

 

天然の加湿器を使わない手はありません。

鼻呼吸をすると、鼻から入ったバイ菌やアレルギーのもとは、鼻毛や鼻の粘液にからみ取られます。さらに鼻の奥にある扁桃リンパ組織が、バイ菌やアレルギーのもとが肺に入らないように守ってくれます

 

インフルエンザの予防法としては、予防接種の注射やマスクなど、いろいろありますが、鼻呼吸はそれ以上に効果があるといわれています。

 

普段から適度な運動をする

適度な運動でOKです

Photo by Kraig Scarbinsky / Digital Vision

やりすぎると逆効果になりますので注意が必要です。あくまでも適度な運動でOKです。

体力をつけるために適度な運動をする習慣を身に付けて健康的な身体作りを目指しましょう。 週2~3回、毎回1時間程度くらいで軽く汗をかく程度の運動(ランニングや筋肉トレーニング等)を行うとよいでしょう。

 

ウォーキングや水泳、ヨガなどの適度な運動で風邪(かぜ)に負けない体力をつけ、免疫力を高めることも大切です 。

 

有酸素運動が効果的です。

運動しますと血液循環がよくなり免疫系が活性化され、風邪の予防になります。しかし、寒い中での運動は気道を痛めて上気道炎の原因になりますし、強い運動のしすぎはかえって免疫力を低下させ逆効果のようです。

 

適度にからだと相談しながら行うようにしましょう。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6802-0384

にて予約受付中!