☆ 太る脳から痩せる脳へ ☆

なかなか痩せられないのは脳が原因だった!痩せる脳の作り方

どうしてもやせられないのは【太る脳】が原因だということが、最新の研究でわかってきました。脳の疲労を回復させて、太る脳を痩せる脳に変えるだけでダイエットが成功する!

 

じつは、どうしてもやせられないのは【太る脳】が原因だということが、最新の研究でわかってきました。

 

近年の研究で「なぜ太るのか。なぜやせないのか」ということに、脳の働きが大きくかかわっていることがわかってきました。

 

◆太る脳の正体

無意識のうちに、食べることでストレスを解消しようとして、食欲をコントロールできなくなってしまった「脳」。

 

脳が疲労している時には、甘いモノや脂っこいものを食べ過ぎてしまいます。

 

脳がストレスで疲れていたり目的意識が曖昧だと痩せにくくなってしまうんですね。

 

◆自分の体重、体型は脳が決めていた

自分で望んでこんな体形でいるんじゃないと思っていても、その体重でい続けようと調整をしているのは脳なんです。

 

実は、各個人にはそれぞれ異なる体重にセットポイント(一定値)を持っており、それを守るために中枢神経系が機能して体重の平衡を維持している

 

実は、あなたの食欲をコントロールしているスイッチは、おなかではなく、脳にあるのです。

◆まずは脳の疲労回復から

絶えず情報を浴び続けることも脳疲労の要因なので、情報から断食する時間を作ってみるのも有効です。

 

脳が疲れているときには、アミノ酸を簡単に手早く吸収できる食事をするとよいでしょう。

 

アミノ酸は黒酢に多く含まれています。アミノ酸を摂取するなら黒酢サプリもおススメです。

首筋の頚動脈の部分を冷やすと、脳に運ばれる血液の温度を下げ、脳内温度の上昇を抑えることができる。

 

濡れタオルを首筋に当てる

休めることはもちろんですが、その他にもリラックス効果のある香りを嗅いでみたり、音楽を聞いてみたりするというのも一つの方法です。

 

やせたいからがまんして食べないのではなく、むしろ1日に1回は好きなものをたっぷり食べて、心から満足のいく食事をとることが大切です。

 

◆痩せる脳の作り方

「太る脳」を「やせる脳」へと変え、理想体重を右脳にインプットしていくと、みるみる体重が落ちていくのです。

 

「太る脳」を「やせる脳」へと変え、理想体重を右脳にインプットしていくと、みるみる体重が落ちていくのです。

電車では座らずに立ったり、ジュースではなく水を飲んだりなど、やせるメカニズムを生活の中に取り入れていくうちに思考回路がチェンジ。

 

 

やせる行動を進んでとる、やせ脳に変化します。

 

毎日同じ時間に食べて、同じ時間に寝る。毎日同じ時間に空腹を感じるようになり、間食を予防する。

 

 

テレビやスマホなど他のことに気を取られることなく、いま食べている物、そして食べている事に集中しましょう。

 

 

食べ過ぎを防ぐ「やせる脳」を作るには、無理な食事制限ではなく、ストレスを解消して気持ちを安定させることが大切なのです。

 

 

温冷交互浴といって、冷たい水に1分ほど浸かる→熱めのお湯に約1~2分浸かる→この動作を約4セット繰り替えるという方法も、自律神経を整える効果が期待できると言われています。

 

身体機能を整える自律神経系はダイエットにも大きく関与しています。

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6802-0384

にて予約受付中!