☆ 痩せ体質 ☆

食事時間を改善するだけでヤセ体質になれちゃう?

ついつい夜更かししちゃったり、食事時間もバラバラになりがち・・・。だけど、規則正しい生活を心がけるだけで、簡単にヤセ体質になっちゃうかも!

仕事で忙しいと夕食をとる時間が遅くなりがち。近年では、21時以降に食事をしている人が多く、それにつれ肥満傾向の人口も増加してきている

 

ある研究で、マウスに高脂肪食を与えても、ある時間帯に決めて食べさせれば肥満にならないことがわかった

 

24時間自由にエサを食べているマウスと同じ量を食べているのに、本来の活動時間帯以外にエサを食べないマウスは太らないということが実験で分かった

 

なぜ夜食べると太るのか

夜食は太る仕組みは、脳や脂肪細胞に多く存在するタンパク質BMAL1(ビーマルワン)の働きによるもの

 

BMAL1は、生活リズムを刻む体内時計を調整するタンパク質のこと

BMAL1は、脂肪細胞内で脂肪酸やコレステロールの合成する働きを活発化し、脂肪細胞に多く溜め込もうとする働きがある

 

そのため、肥満遺伝子とも呼ばれている

このタンパク質の活動は、午後3時ごろが一番低く、その後、22時頃から急激に上昇し、深夜2時から4時が一番ピークになっていく

 

ピーク時に食べると、その分脂肪を吸収しやすいので太りやすくなる

肥満を予防する食事時間として、遅くとも午後8時、理想は7時までに食べ終えることが望ましい

 

食べたものが消化吸収されるのに必要な時間(最低2時間)をBMAL1の活動が活発になる時間から差し引いた時間

体内時計を狂わさないことが大切

食事時間に関係なく昼間であってもBMAL1の数値が高いままの人もいる。これは、おそらく体内時計が関係している

 

BMAL1の増減は太陽光と関係があるとされており、朝日を浴びることがBMAL1の減少に繋がると考えらえている

 

土日に朝日を浴びずにお昼まで寝ていると月曜日に2時間ずれるので、通常8時起床が6時起床のような感覚になってしまい、月曜日の朝が辛いという現象が起こる

 

そういう場合は、一度起きて朝日を浴びてから二度寝したほうが良いそう

脳の時計遺伝子は朝日を浴びることでリセットされ、内臓の時計遺伝子は朝食を摂ることでリセットされるので、朝食もしっかり摂ることが大切

 

予約受付時間

HP & e-mail:

  受付24時間対応

(TEL:AM10:00~PM7:00)

 

営業24時間OK(完全予約制)

 

CONTACT or

080-6802-0384

にて予約受付中!